まとめル

日常生活のギモンからお金まで!何でもまとめるブログ

未分類

[Ёп]円安が進んでいるのでiPhoneやMacのアプリを買うなら早い方が良い

[Ёп]円安が進んでいるのでiPhoneやMacのアプリを買うなら早い方が良い

こんにちは、エンディ(@endy_929)です。

今回は為替市場の動きとAppleのアプリ価格についてのお話です。

みなさま、円安の影響でアプリが値上がりする前に買っておくんだよ!!

日銀黒田バズーカによる為替変動

2014年10月31日、日銀の追加金融政策のサプライズ発表により、1日で為替が爆発的に変動し円安にシフトしているのはご存知かと思います。

1ドル120円の壁を超える日もそう遠くないでしょう。

為替が円安にシフトすると起こる経済的事情についてはここで説明しませんが、Appleユーザーにとっては気をつける時期が到来ですよ。

Apple製品、アプリの価格は為替レートによって変動する

そう、円安によってApple製品の値段が変動します。Appleは日本から見たら外資系企業ですからね、ドル円の関係が製品の値段にも関係してくるんです。

手っ取り早く言ってしまうと、円安にシフトすればApple製品は値上がりします。

円安 = 円が安い = 円が弱っちくなる = 外国の物を買うときにたくさんお金が必要になる、というわけです。

MacやiPhone本体の価格が値上がりします。iPhoneのアプリ、Macのアプリが値上がりします。

中高生目線で話すと、パズドラで魔法石1個がまた高くなるよー!!LINEのスタンプ(1コインの価格)も値上がりしまっせ!

実は円安はAppleユーザーにとっては微妙なことだったり…

いつ値上がりするの?

今回はAppleの販売するアプリ(iOSアプリ、Macアプリ)について考えてみます。

Appleの価格は実際の為替レートとは違う独自レートなので、正確にいつ値上がりするかは断言できませんが、2014年11月10日の為替レートが1ドル=約114-115円なのに対し、Appleのレート100円(一番安いアプリの販売価格)なので、実際の為替レートと15円も開きがあることになります。

個人的にはそろそろアプリのAppleのレートが1ドル=115円-120円になるのではないかと予想しています。

アプリ開発者にはやんわりと通達が来ますので、これから先そういった情報は要チェックですよ。

とか言ってる間に、11/13にiPhone 6/6 Plusの価格が8,000〜12,000円値上がりしましたね。もっと早くこの記事を出すべきだった・・・

過去の変動日

ここ最近でのレート変更についてまとめてみました。

◼︎ 2008年(iTunes Store開始当時)…115円
◼︎ 2011年7月…85円(円高の影響)
◼︎ 2013年10月…100円(円安の影響)
◼︎ 2014年11月?12月?…おそらく115円-120円(円安の影響)

買おうか迷っている製品やアプリがあるなら今買うべし

もし今買おうかなと悩んでいる製品やアプリがあるなら、早めに買ったほうがいいです。
100円のアプリが115円になるのも悲しいですが、これが数千円のアプリだと…はい、余計に買いづらくなりますね。

ちなみに僕は2011年7月の値下げ前日に、35,000円のFinalCut Pro Xを買ってしまい、翌日26,000円に値下がりした時は失神するかと思いました。今も思い出すだけで涙がでそう。

35,000円→26,000円・・・

この時は値下げだったのでもう少し待つべきでしたが、今回は必ず値上げなので、待つ必要はありませんよ、むしろ急ぐべきです。

あとがき

日本の経済状況も大きく変わろうとしている今、こうした外国の製品とうまく付き合っていくためにも、お得に買える時期を逃さないようにしましょう。

さて、4000円するブログエディタ「MarsEdit」を買う決心がついた、買うぞ買うぞー!

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,000
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
iTunes Storeで確認